浮気調査 料金

浮気調査の料金

浮気調査夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵にお願いする時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを前もって相談します。

1時間で1万円以上もの料金がかかるので、調査が長期になれば請求される料金金も多額になります。

調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調査した方が良いかと思います。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

カーナビ上の履歴を見ることで、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けてましょう。

そして、何度ももし給油していたら、デートを車でしていることがあります。

一般に、探偵が尾行するのに幾らくらいかかるかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えて頂戴。

言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く、多ければ多いほど高くなります。

また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。

法律の中で、夫婦関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から肉体関係をもつことを浮気といいます。

すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないと言う事です。

個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、探偵や興信所に内偵して貰うこともできます。

食事をした際に店で発行する領収証には食事を供に食べた人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに点検するようにします。

シゴトでありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、同伴者がいた想像されてしまう事があります。

料金不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。

どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、買えます。

追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、誰でもインターネットなどで購入できます。

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

まず探偵について見てみるならば、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねて目たたないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業(会社ともいわれます。

営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)調査を依頼される傾向があるため、自分の目的を話してオープンなやり方で情報を集めるようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を蒐集するような調査は興信所が得意と結論できそうです。

GPS端末を使用して、良く行く場所を調べて、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。

あまり予算が無い場合には、GPS端末でたち寄る場所を調査するのも、試してみたいやり方です。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう事があります。

浮気調査を依頼して探偵に支払う料金内理由は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる料金などのことをさしますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、算出した料金です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。


 

サイトマップ